脱ぽっこり!女性のための「ぽっこりお腹ひきしめ委員会」

「正しい座り姿勢」でボディを引き締め!デスクワークをしながら美尻&下半身痩せ。ダイエットに効果的な「正しい座り方」!

time 2017/06/07

「正しい座り姿勢」でボディを引き締め!デスクワークをしながら美尻&下半身痩せ。ダイエットに効果的な「正しい座り方」!

あなたは、 姿勢がよくなると代謝アップ、脂肪燃焼しやすく、気になるお腹ぽっこり解消や下半身痩せにも効果があることをご存知ですか?
正しい姿勢を身につけただけで、ですよ!?

150713_01

画像引用元 http://www.motorhelmets.com/

 

 

おうちで、仕事で、一日のうちで意外と「座ってる時間」て多いですよね。

早稲田大学スポーツ科学学術院教授、岡浩一朗先生の調査によると、40~64歳の日本人成人の余暇におけるテレビ視聴は一日平均2.5時間、パソコン・スマートフォン利用に1時間程度、仕事中は3時間、移動のための自動車運転では0.5時間ほど。つまりは、「一日平均の総座位時間は8~9時間程度」であることが明らかになりました。

 

ちなみに、世界20ヵ国の成人を対象にした平日座位時間の国際比較研究によると、日本人成人の座位時間が最長なのだとか!(参照サイト 「座り過ぎ」が健康寿命を縮める 読売オンライン

 

 

 

1日の3分の1の時間を「座って過ごしている」ことが多い私たち。
しかも、 正しい姿勢を身につけただけで、代謝アップ、脂肪燃焼しやすく痩せやすくなり、骨盤の位置が正されることで、気になるお腹ぽっこり解消、美尻・下半身痩せにも効果ありなわけです。
だとしたら、この「座ってる時間」を使って、ボディメイクに役立てない手はないですよね!ぜひとも毎日の生活の中に、正しい座り方を取り入れていきましょう!

 

 




 

 

「正しい座り姿勢」のポイント

150713_02
画像引用元 http://kata.sakuracre.com/

 

 

①  腹筋を意識し、骨盤はきちんと起こして、坐骨の一番尖っているところに体重がかかるようにする。(こうすることで、自然に腰から背中がまっすぐに伸びてきます。)

 

②  軽く胸をはる。肩の力を抜き、少し胸を広げてみる。(背中側で肩甲骨を無理に寄せようとする必要はないです)

 

③  軽く顎を引いて、顔全体が前を向くようにする。(あごを突き出すと、頭の重さが首から肩にどっしりと乗ってしまいます。)

 

④ 背もたれがあってもなくても、椅子に深く座り、背筋を伸ばして座る

 

⑤ 膝、ひじは90度前後で曲げる。ひざの位置は少し腰より低い方がいい

 

⑦ ヒザの角度が90℃になる椅子の高さに調整する

 

⑧ PC操作時は、モニターを見る目線が下がらないよう背筋を伸ばす。両脚は揃えて閉じておくか、少しだけ左右均等に開いておく。

 

 

※また、目や指先を動かし続けるパソコンでの作業は、長時間になると筋肉が過剰に緊張して、血管や神経が圧迫されるので痛みを誘発したり、血流が悪くなって冷えやむくみを招いたりする原因に。1時間に1回は休憩する、肩甲骨まわりをストレッチするなど、コリ対策を!

 

 

※肩甲骨ストレッチについてはこちらの記事もどうぞ。
→[参照記事] 肩甲骨ストレッチで痩せ体質の「後ろ姿美人」に!オフィスでもおうちでも取り入れるべき肩甲骨ストレッチ

 

 

 

※また、 パソコン操作時から発せられるブルーライトをカットしたり、疲れ目や乾燥予防に「パソコン用メガネ」の使用も効果的ですよ。
●累計販売本数500万本突破。ブルーライトを最大約50%カットするパソコン用メガネ【JINS PC】 3,900円~。
JINS 

 

 

 

ちなみに、アウトな姿勢がこちら・・・

(画像引用・参照サイト 仕事中に正しく座って 美尻・下半身ダイエット オールアバウト

 

 

1、腰そらし
150713_03
姿勢を良くしようとして一番やっちゃいがちなのがコレ。「無理に胸をはる」ですね。 骨盤の専門家、柳沢とも子さんいわく「腰に負担が掛かるばかりではなく、下半身に重心がかかりやすいので、太ももが太く張りやすくなってしまいます。日本の女性の多くはこの姿勢で座っているので、背中が硬く、太ももが太くなりやすいのです」とのこと!

 

 

 

2、腰猫背
150713_04
「腹筋を使わないと、写真のように背中が後ろにもたれ、あごが前に突き出す老年型の姿勢になります。ソファーやリクライニングチェアーの場合、この姿勢になりやすいので気をつけましょう」(骨盤の専門家、柳沢とも子さん・談)

 

 

 

 

3、前のめり

150713_06

「PC画面を見ようとするあまり、上半身を前に倒しすぎないよう注意しましょう。太ももで体重を支えているので、下半身のむくみがひどくなります。
顔を前に突き出しているので首コリの原因になります」(骨盤の専門家、柳沢とも子さん・談)

 

 

 

4、女の子座り
150713_05
「電車で座っているときや食事中にこのような脚で座る場合が多いと思います。このように膝だけを内側に寄せるのはO脚やX脚になりやすく、また股関節が硬くなりやすいので良くありません。
また、脚を組むのであれば、左右交互に均等に組むようにしましょう」(骨盤の専門家、柳沢とも子さん・談)

 

 

 

 

「正しい座り姿勢」のための2つのレッスン

(画像引用・参照サイト 仕事中に正しく座って 美尻・下半身ダイエット オールアバウト

 

まずはこちら!
1、背すじをまっすぐにするレッスン

150713_07
クッションや折りたたんだバスタオルを背中に挟み、腹筋を意識して背筋をまっすぐに保つ。
座っている時、常に当てていてもOK。お尻に負担もかからず座るのが楽に。

 

 

 

 

2、両足を揃えて座るレッスン

 

150713_08
クッションや折りたたんだバスタオルを太ももに挟み、背筋を伸ばして座る。
この姿勢で10分程度、一日2~3回行いましょう!

 

 

この姿勢矯正レッスンを提案する骨盤の専門家、柳沢さんいわく、
「レッスンを練習すれば、お尻の形がぷるんと丸くなり下半身が太りにくい体質に変化します」
「座り姿勢 が改善されると、姿勢が美しくなり、体のゆがみが取れ肩こりや腰痛にも効果があります」とのこと!
150713_09
画像引用元 https://locari.jp/posts/24439

 

 

 

美姿勢、美ボディは、日々の「正しい姿勢」から作られます。ぜひおためしくださいね!

 

 




 

 


当サイト運営者

いがじゅん

いがじゅん

こんにちは!元エステティシャンでフリーの美容系ライターとして活動してる東京在住のいがじゅんです。 夫から「お腹がすごいね(笑)」と笑われ一念発起!ぽっこり解消に向け、美容業界で培ったスキルを結集&最新情報を徹底リサーチ。ぽっこり解消、すっきりお腹を手に入れました(油断すると、行きつ戻りつですが(笑)) お腹ぽっこり解消で役立った情報を当サイトで紹介してまいります。 カラダは自分次第で好きに変えられる! 一緒にぽっこりお腹をスッキリさせてまいりましょう!