脱ぽっこり!女性のための「ぽっこりお腹ひきしめ委員会」

ぽっこりお腹の原因は「内臓下垂」かも!そんな内臓下垂の原因とは?

time 2017/05/10

ぽっこりお腹の原因は「内臓下垂」かも!そんな内臓下垂の原因とは?

そのぽっこりお腹の原因・・・
もしかしたら、
「内臓下垂」が原因かもしれません!

 

女性にとって大きなお悩みの1つ。
「ぽっこりお腹」!

 

151214_01
画像  http://torontocaribbean.com/

 

 

 

「体重を減ってきたのに、お腹はぽっこりしたまま!なんで?!」
「食事制限も運動もがんばってるのに・・・」
「そんなに大食いするわけでもないのに・・・」

 

こんな風に思うこと、ありますよね。
もしかしたら、そのぽっこりおなかの原因、
「内臓下垂」が原因かもしれません。

 

 




 

 

そもそも「内臓下垂」とは?

「内臓下垂」とは、文字通り、内臓が通常の位置より下がってしまうこと。
内臓下垂でもとりわけ有名なのが「胃下垂」「腸下垂」ですね。

 

 

この「内臓下垂」について、ヒーリングマッサージサロン「シャンティ」代表のながほりゆかこさんは、

「内臓下垂とは「胃」以外の内臓も下垂(かすい)(下に下がってしまった状態)をいいます。
ほとんど胃周辺の臓器が骨盤の中に入ってしまった状態です。
代表選手は「胃」ですが、他に腎臓(じんぞう)の腎下垂(じんかすい)というのも珍しくありません。
そして、わんさか骨盤の中に入ってしまい大渋滞のため、もちろん骨盤は開いた状態
骨盤の広がりと共に、ウエストは年々太くなくなってゆきます。」 とのこと。
出典 内臓下垂(ないぞうかすい) | 世田谷区・桜新町のヒーリングマッサージサロン シャンティ Shanti

 

 

160121_01
画像 内臓下垂(ないぞうかすい) | 世田谷区・桜新町のヒーリングマッサージサロン シャンティ Shanti

 

 

こんな時は要注意!内臓下垂の症状とは?

 

●下腹部がポコッと出ている(ぽっこりお腹)
●お腹だけではなく、太ももやお尻など下半身が全体的にデップリしてくる
●食欲旺盛(また、逆に食欲不振)
●起床時、カラダがだるい
●疲れがとれにくい
●冷え性
●下痢、便秘
●呼吸が浅い
●胃腸の機能低下
●産婦人科系、泌尿器家系の機能低下

 

上記の通り、内臓が骨盤内に下がり骨盤内は大渋滞、骨盤は開いた状態に。
骨盤の広がりと共に、ウエストは年々太くなってくることに。と同時に、太ももやお尻など下半身も全体的にデップリしてきます。

 

また、内臓が下がることで、臓器の中でも下側に位置する腸が押しつぶされ、圧迫されると血行が低下して「冷え」の原因に。
また、血行不良ともなれば代謝低下にもつながりやすく、「太りやすい体質」が加速。
さらには、内臓が下がり、腸が圧迫されることで腸のぜん動運動が妨げられ、「便秘」や「下痢」を起こしやすくなります。

 

160121_02
画像 http://allabout.co.jp/

 

以上のことから、下記のような症状がある方、
そのぽっこりおなかの原因は「内臓下垂」かもしれません。

 

 

いつも下腹がぽっこり出ている

食後は胃でなく、下腹がぽっこり膨らんでいる

食後にゲップが出やすい

便秘しやすく、便秘薬もあまり効かない

ガスが溜まりやすい

平熱が35度台、または冷え性

だるさや疲労感を伴う

姿勢が悪く、身体のゆがみを感じる

運動はほとんどしない

食生活が不規則で、寝る前に食べることも多い

 

 

 

 

内臓下垂の原因

 

上記のような症状を引き起こしがちな「内蔵下垂」の原因は・・・

 

●運動不足
●姿勢が悪い
●骨盤のゆがみ

 

日常生活における活動量の低下、つまりは「運動不足」は、お腹を覆っている腹直筋や上半身と下半身をつなぐ大腰筋、骨盤と足の付け根をつなぐ腸骨筋など内臓を支える深部筋(インナーマッスル)を衰えさせる原因に。

 

また、悪い姿勢も筋力低下を加速させます。代表的な悪い姿勢は「猫背」。前かがみの姿勢を長時間続けると、脊柱が湾曲し、内臓が下がり易くなり、必然的に腸が圧迫されることに。

 

また、 脊柱の湾曲が進むと、「平背(へいはい)」と言う背骨がまっすぐになりすぎ、引っかかりもないため、内臓がストンと骨盤の中に集合してしまっている状態があります。

 

 

*左図が脊柱の正常な状態。真ん中は「猫背ぎみの脊柱」。右図は「平背の脊柱」。姿勢が悪化し、脊柱の湾曲が進めばすすむほど内臓が下がりやすく、下腹部~下半身がデップリしてくるのが分かりますね(汗)
160121_03

画像 内臓下垂(ないぞうかすい) | 世田谷区・桜新町のヒーリングマッサージサロン シャンティ Shanti

 

 

 

また、骨盤がゆがむと腸骨に乗っている腸を支えられなくなり、内臓全体が下がりやすくなります。
骨盤がらみでゆがむ可能性がある関節は、
・股関節
・腰仙関節
(仙骨と背骨の関節)
・仙腸関節(仙骨と腸骨の関節)
・恥骨結合

 

この4つのうちの「股関節」「腰仙関節」、特に、骨盤と大腿骨をつなぐ「股関節」がゆがむと、女性にとっての根深い悩み、「ぽっこりお腹」「下半身太り」を引き起こしやすい!というわけです。

 

150906_01
画像 http://www.ernteseitai.com/kotsubankyousei/

 

150906_03
画像 http://www.kenkou-midori.com/

 

 

 

 

では、
次回は、ぽっこりお腹解消にも、痩せ体質づくりにも効果的な「内臓下垂改善エクササイズ」をご紹介します。

 




 


当サイト運営者

いがじゅん

いがじゅん

こんにちは!元エステティシャンでフリーの美容系ライターとして活動してる東京在住のいがじゅんです。 夫から「お腹がすごいね(笑)」と笑われ一念発起!ぽっこり解消に向け、美容業界で培ったスキルを結集&最新情報を徹底リサーチ。ぽっこり解消、すっきりお腹を手に入れました(油断すると、行きつ戻りつですが(笑)) お腹ぽっこり解消で役立った情報を当サイトで紹介してまいります。 カラダは自分次第で好きに変えられる! 一緒にぽっこりお腹をスッキリさせてまいりましょう!