脱ぽっこり!女性のための「ぽっこりお腹ひきしめ委員会」

ぽっこりお腹の原因「股関節のゆがみ」をとり、下半身痩せを目指す簡単ストレッチ

time 2017/05/09

ぽっこりお腹の原因「股関節のゆがみ」をとり、下半身痩せを目指す簡単ストレッチ

今回は、ぽっこりお腹の原因のひとつ、「股関節のゆがみ」をとり、お腹ぽっこり解消はもちろん、下半身痩せを目指す簡単ストレッチをご紹介します!

 

その前に、前回のおさらい。

 

前回、骨盤のゆがみもぽっこりお腹の原因になる!というお話をしました。
骨盤がらみでゆがむ可能性がある関節は、
・股関節
・腰仙関節
(仙骨と背骨の関節)

・仙腸関節(仙骨と腸骨の関節)
・恥骨結合

 

この4つのうちの「股関節」「腰仙関節」、
特に、骨盤と大腿骨をつなぐ「股関節」がゆがむと、
女性にとっての根深い悩み、「ぽっこりお腹」「下半身太り」を引き起こしやすい!
んです!

 

 

では、股関節をほぐし、骨盤のゆがみをとるエクササイズをご紹介します。

 




 

 

 

【1】下半身のむくみをとるのに効果的な股関節ストレッチ

(左右交互に10回ずつ、合計20回)
出典 股関節ストレッチで、ごろごろしながら骨盤ダイエット オールアバウト

 

① ベッドやマットなどの適度に柔らかい物の上でうつ伏せになり、両足を揃えてヒザを曲げる。
*肩と首に力が入らないように注意。

② 息を吐きながら、両脚を揃えたまま右にゆっくり倒し、息を吸いながら、元の位置まで持ち上げる。

③ 息を吐きながら、両脚を揃え左にゆっくり倒し、息を吸いながら、元の位置まで持ち上げる。
☆左右交互に10回ずつ、合計20回ほど行う。

 

 

 

【2】美尻やヒップアップに効果的な股関節ストレッチ


(左右30秒ずつ)
出典 股関節ストレッチで、ごろごろしながら骨盤ダイエット オールアバウト

 

① 仰向けになり、右足を立てて、左足を右太ももの上に乗せる。

② 両手で右太ももの後ろを持って、腕を使って太ももを上半身に近づける。左手は右脚と左脚の間から入れていく。この姿勢で30秒間キープ。呼吸を止めないこと!
☆左右の手足を入れ替えて反対側も30秒間同様に。

 

 

 

 

【3】骨盤底筋群やインナーマッスルを全般的に鍛えるエクササイズ「お尻歩き」

 

(②③を1セットとし、合計5セット)

① 両脚・ひざをまっすぐのばす。手は胸の位置で交差。

② この姿勢のまま、前へお尻を左右交互に動かしながら10歩前進。その後、後ろへお尻を左右交互に動かしながら10歩後退。

③ 次に、両手を上に伸ばす。この姿勢のまま、前へお尻を左右交互に動かしながら10歩前進。その後、後ろへお尻を左右交互に動かしながら10歩後退。

☆②③を1セットとし、合計5セット

 

 

いかがでしたか?
他にも股関節のストレッチ方法や骨盤調整のためのエクササイズはたくさんありますが、「下半身痩せがしたい!」「お腹ぽっこりを解消したい!」「美尻になりたい!」という方は、まずはこの3つから始めてみましょう!

 

 




 


当サイト運営者

いがじゅん

いがじゅん

こんにちは!元エステティシャンでフリーの美容系ライターとして活動してる東京在住のいがじゅんです。 夫から「お腹がすごいね(笑)」と笑われ一念発起!ぽっこり解消に向け、美容業界で培ったスキルを結集&最新情報を徹底リサーチ。ぽっこり解消、すっきりお腹を手に入れました(油断すると、行きつ戻りつですが(笑)) お腹ぽっこり解消で役立った情報を当サイトで紹介してまいります。 カラダは自分次第で好きに変えられる! 一緒にぽっこりお腹をスッキリさせてまいりましょう!